FC2ブログ

"> 振り返れば奴がいる ~小学生編・後編~  


さてさて、皆様。

『振り返れば奴がいる ~小学生編・前編~』

オイラとI君の出会いからオイラが引越しするって~とこまでお話させていただきやしたが、

オイラとI君、前回もお話させていただいたように、小学校から30年来の付き合いでごぜぇやす。

引越したところで、オイラとI君の物語が終わるわけではありやせん。

神のイタズラか、その後すぐに再会を果たす二人。

お時間のある方だけ、聞いてやっておくんなせぇ。


それでは、『振り返れば奴がいる ~小学生編・後編~』

はじまり、はじまり~。





とある町に引っ越したオイラ。そこはみかん山と田んぼに囲まれた自然豊かな町。

引っ越す前に住んでいた所から、約20Kmぐらいでやんすかねぇ?

もちろん、同じ県内。

引っ越す前の所は、一応市内でやんすが、

そもそも、小中高とオイラが住んでいた県は、ハッキリ言って発展途上県。

って言うか、陸の孤島的な雰囲気を醸し出してる所でやんして、

いまだに、目覚しい変化の無い所でやんすなぁ。


そんでもって、新しくオイラが住むことになった所でやんすが、

まぁ、町としてはベッドタウンを目指していたのか(県庁所在地である市の隣町だった)、

山を切り崩して造った新興住宅地でやんしてねぇ~。

オイラが引っ越した時は、似たような新築の住宅と空き地の数々。

いや~、遊ぶのには苦労しなかったでやんすねぇ。

近くに田んぼあり~の、溜池あり~の、山あり~の。

カエル捕まえたり、魚釣ったり、虫(クワガタ、カブト、セミ、バッタetc・・・)捕まえたり。

そんな所に引越しやして、春休みも終わり、いよいよ新しい小学校に通うことになったんでやんすねぇ。


新年度、新学期の始業式、オイラのような転校生は式の途中で紹介されるってんで、

確か、理科室が控え室になってたと思うんでやんすが、オイラの他にも20人位いやしてね。

オイラは、緊張でドキドキ。

なにげな~く、オイラと一緒にその小学校に転校する奴らを見回してみたんでやんすなぁ。

ザァ~、っと見回してうつむくオイラ。


あれ?


その間、0.5秒もかからなかったねぇ。

違和感?なのか初めて見る顔ばかりのはずなのに、

見たことのあるような顔があったような気がして、その方向にすかさず視線を向けると・・・

いわゆる、二度見と言うヤツでやんすなぁ。

いやぁ~、多分これがオイラの人生初の二度見でやんす。


向けた視線の先に居たのは、そうI君その人でやんした。

I君もオイラの視線に気付いたのか、こちらを見る。

一瞬、視線をはずし、再度オイラの方へ視線を戻す。

I君も二度見でやんす。

そして、二人ともフリーズ状態。この間、多分1秒足らずだったと思う。

しかし、オイラにとっては10分位に感じた。

確かに、I君も引越しすると聞いていたし、


あれ?確か1年生の時は、同じクラスだったが2年生の時はどうだったっけ~?


とにもかくにも、どこへ引っ越すなどお互い話して無かった。

小学校低学年なんて、その行動範囲なんかせいぜい半径1Km位のもんだがね。

どこどこの町へ引っ越すなんて会話したって、わかんないわさ。


いや~、照れましたなぁ~、あん時は。

別れたモトカノとばったり街で会うより照れましたなぁ。


「やっぱり、お前はホモか?」


いやいや、オイラノーマルですよ~。

自他共に認める女好きですから。


『今生の別れ』 と称して、別れた両雄が再び戦場にて敵として相見えんという感じでしょうか?


なんにしろ、またまた二人は学校生活を共にすることに・・・

しかもですよ、縁と言うには恐ろしいことに、同じ新興住宅地内に住み、

電話番号までほぼ似てるといったような、そんなオマケまでついておりやしてねぇ。


例えて言うなら、電話番号の下4ケタがオイラん家が、〇〇〇-〇〇〇-5365とするなら、

I君家が、〇〇〇-〇〇〇-5375みたいなね。

うん、同じ時期に同じ場所に引っ越してんだから、それもあり得るけども・・・

それを言っちゃ~おしまいよ~、ってなもんです。


まぁ、それぐらい強力に結びついてんでしょうなぁ、オイラとI君の運命の赤い糸は。


「やっぱり、ホモじゃん?」


って違うって!

言うなれば、「佐々木小次郎」 と 「宮本武蔵」

「武田信玄」 と 「上杉謙信」

はたまた、「ラオウ」 と 「ケンシロウ」


そんな感じでやんすかねぇ。


当然のことながら、引っ越した先の新しい学校でも、メキメキと頭角を現すI君(野球でも勉強でも喧嘩でも)。

オイラ? ノホホ~ンとマイペースでやんすよ。

まぁ、5年生から地元のサッカーのスポーツ少年団に入って、いきなりレギュラー獲ってやったけどね。

しかも、オイラの小学校からはレギュラー、オイラ一人だけ。
(オイラの住んでいた町には、小学校は4校あってそのスポーツ少年団は、その4校からの部員で成り立っていた。約50名程いたかなぁ。4校トータルで50名ほどやからね。当時は、サッカーするヤツより、野球をするヤツの方が圧倒的に多かった。)

オイラも、I君ほどじゃないけどそれなりに運動のセンスはあるのよ~。

I君と比べちゃ~ダメ。ポテンシャルが違うからねぇ~。

張り合っちゃ~ダメなのよ~。


そんな感じで、I君は当然の如く、周りから一目置かれ、

オイラは、マイペースに我が道を行く。

そんな関係性で、小学校卒業まで過ごしたんだわぁ~。

ムチャクチャ親しくするわけでなく、ある一定の距離を保ちつつ。


いや~、やっぱ照れ臭いってのが、一番にあってねぇ~。

とにかく照れ臭いんだわ~、なんか馴れ馴れしくすんのが。

前述したようにねぇ、別れたモトカノと再会するみたいなさぁ。

なんか意識しちゃうわけさぁ~、オイラとしては(I君がどう思っていたか知らないけどね)。


「やっぱ、テメェ、ホモだろ?」


だから違うって!! 上手くは説明できないけどさ・・・


まぁ、そんな嬉し恥ずかしな関係性のままオイラとI君は、中学生へとなっていくわけでやんすなぁ。


んでもって、残念ながらこの続きは、中学生編へと持ち越させてくだせぇ~。

まだまだ、おいら達の物語は続きやすよ~。



さぁさぁ、お立会いの皆の衆、これにて、


『振り返れば奴がいる ~小学生編・後編~』 


終幕となりまする~。


さらに続きまするは、 『振り返れば奴がいる ~中学生編~』


はてさて、二人の男の運命や如何に~。

次回、開幕までお楽しみに~。



追伸

拍手コメント残していただくのは、

オイラ非常にありがたいんでやんすが、

できれば、記事のCM(コメント)欄に、

メッセージ残していただけると、助かりやす。

オイラ、拍手コメントをあんまりチェックしてねぇもんで・・・

危うく、せっかくいただいた拍手コメントを放置しそうになったもんで。

よろしくお願いいたしやす。




関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/09/17 22:59 ] ともだち | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
Music PV
Pet Shop Boys 『West End Girls』
らんきんぐ
ご協力お願いしますだ
人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング
プロフィール

MASHIYUKI

Author:MASHIYUKI
独男の独り言。
良薬口に苦し。毒か良薬か?
独男がほざくだけにやはり毒か?
百聞は一見に如かず。
見定めてみんさい。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
20958位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7399位
アクセスランキングを見る>>
DMM.com
フリーエリア
月時計-LunarDial-
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム